So-net無料ブログ作成
検索選択
⇒A.R.Rahman ブログトップ

★「チャイヤー・チャイヤー(愛の影)」・・・映画「ディル・セ 心から」より [⇒A.R.Rahman]

◆Chaiyya Chaiyya(from the movie "DIL SE...", 1998) music by A.R.Rahman
DIL SE.jpg

「Roja」、「ボンベイ」に続き、コンビを組んだマニ・ラトナム監督とA.R.ラフマーンとの作品「ディル・セ 心から」。

カシミール紛争とテロリズムという重いテーマ的を扱っているものの、インド映画のマナーであるミュージカル・シーンを挟むことで繰り返し観て楽しめる作品になったと思う。

映画中、4曲あるミュージカル・シーンの内、最初の曲として流れるのが、この「チャイヤー・チャイヤー(愛の影)」である。

ほとんどインドの伝統楽器を使わず、ドラムを中心としてリズムを強調したラフマーンのアレンジが当時のインド映画音楽にとっては、かなり新鮮だったと思う。

さらにこのダンス・シーンが凄い。多分、インド映画に限らず、世界中の映画史においてもかなり危険なシーンとして、その名を刻んだのではないだろうか。日本だったら、まず撮影許可は下りないだろう。

荷台で踊っている所はまだしも、客車の上のダンスシーンは観ているだけでもかなり怖い。しかも、大スターであるシャールク・カーンにあんな事をやらせてしまうなんて・・・。

◆Chaiyya Chaiyya (from the movie " DIL SE... ") music by A.R.Rahman


シャールク・カーンと一緒に踊っている女性は、ストーリーとは直接関係無い人だが、抜群に良いスタイルが印象的だ。特に腹筋が凄い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

★「主はただ一人(Oruvan Oruvan)」・・・映画「ムトゥ踊るマハラジャ」より [⇒A.R.Rahman]

なんだかんだ言っても、やはりインド映画「ムトゥ踊るマハラジャ」は痛快な映画だ。

絶対的なスーパースターがいなくなった日本に住む人間にとって、不死身のスーパースター・ラジニカーントがいるインドに対しては羨ましい気持ちを抱いてしまう。

IMG.jpg

さらに、インド音楽界の天才、A.R.ラフマーンが音楽を手がけているとなれば、これはもう最強というしかないでしょう。

映画のオープニングに流れるこの曲は、映画のイメージを決定付ける見事な曲に仕上がっている。

◆「Oruvan Oruvan(主はただ一人)」 Sing by S.P.Balasubramaniam,Music by A.R.Rahman


この曲を聴いて思い出すのは、以前「タモリ倶楽部」の空耳アワーで、この曲の歌詞の一部に「汗と涙、なぎら(健壱)も泣く」と聴こえる部分がある、というのを見てしまったこと。

そんな事言われたら、もうそうにしか聴こえないんだけど・・・(^^;)


ムトゥ 踊るマハラジャ

ムトゥ 踊るマハラジャ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 1998/06/14
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
⇒A.R.Rahman ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。