So-net無料ブログ作成
⇒鈴木さえ子 ブログトップ

★鈴木さえ子/フィラデルフィア [⇒鈴木さえ子]

◆Saeko Suzuki/Philadelphia(1983)
IMG.jpg●作曲:鈴木さえ子、鈴木慶一


from the album "I Wish It Could Be Christmas Everyday(毎日がクリスマスだったら)"






自分が日本で尊敬できる、数少ない女性ミュージシャンの一人、鈴木さえ子さん。

この曲は、彼女の1枚目のソロ名義のアルバムに収録されている。

女性アーティストでルックスも良く歌声も可愛いのに、彼女のアルバムにはインストルメンタルの曲が多い(自分はそれが大好きなのだが)。

それは、そもそも彼女がソロ志向のアーティストではなかったからなのだが、今からすると考えられない事だと思う。確実に売り上げを度外視しているから・・・(今のレコード会社にそんな余裕や勇気はありませんものね)。

しかも、さえ子さんの趣味はかなりマニアックで、フランク・ザッパやゴドリー&クリームなど変態的な音楽が好きな事も有名だ。

この曲はさえ子さんの作るインストとしては比較的聴きやすい曲だと思うけど、それでも一般的な感覚からすれば、そこそこ展開の多い構成になっている。

貼り付けた動画は、衣装から判断すると1985年に発売された3rdアルバム「緑の法則」の頃に行われたコンサートの時のものだと思われる。

レコードではテクノポップ色が強いアレンジになっていたが、ライブではかなりプログレッシブになっているのが印象的だ。

さらに、このド迫力。マリンバを叩きながらシモンズ(シンセ・ドラム)を叩くテクニシャンぶりはただただ凄いとしか言いようがない。さらに、あのドラミングである。目をつぶって聴いていると、とても女性が叩いているとは思えない骨太の演奏だ。

◆鈴木さえ子/Philadelphia(Live 1985)


サポートメンバーには鈴木慶一氏をはじめムーンライダーズのメンバーはほぼ全員いるのではないだろうか。

さらに矢口博康氏、福原まりさんなど、日本が誇る最高峰のミュージシャンが一同に介している様はそれだけでも圧巻である。

一時期、表舞台から遠ざかっていたさえ子さんではあるが、近年はアニメ「ケロロ軍曹」の音楽を担当するなど、また音楽活動を再開してくれた事は本当に嬉しい。

願わくば、ソロアルバムなども期待したい。


I WISH IT COULD BE CHRISTMAS EVERYDAY(紙ジャケット仕様)

I WISH IT COULD BE CHRISTMAS EVERYDAY(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ブリッジ
  • 発売日: 2007/05/28
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
⇒鈴木さえ子 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。