So-net無料ブログ作成
検索選択
⇒テクノ歌謡 ブログトップ

★迷曲「コンピューターおばあちゃん」、今夜、甦る! [⇒テクノ歌謡]

◆「コンピューターおばあちゃん」(1981)
コンピューターおばあちゃん.jpg●作詞/作曲:伊藤良一

●歌:酒井司優子
●編曲/プロデュース:坂本龍一









この曲はかつて、NHKの「みんなのうた」で放送されていた。

元はNHKが主催した作曲コンテストに入賞した曲で、最初は中学生テクノ・バンド「コスミック・インベンション」が歌っていた。

◆コスミック・インベンション/コンピューターおばあちゃん


その後、みんなのうたのディレクターからの依頼で教授(坂本龍一)が編曲・プロデュースしたのが本作。

1981年といえば、YMOが人気絶頂真っ只中(と言っても、アルバム「BGM」でミーハーファンは切り捨てられたが)の頃。かつ、細野(晴臣)さんが作曲したイモ欽トリオの「ハイスクール・ララバイ」が大ヒットした年でもあった。

その「ハイスクール・・・」には(高橋)幸宏さんもドラムスで参加しており、いわば、「YMO-坂本龍一」という布陣だった。それに嫉妬したのか、この曲のアレンジはイモ欽トリオの曲を意識した作りになっている。

イントロのはねるリズムもそうだが、凄いのはドラムスにかけられたゲート・リバーブ(エフェクト)である。

「ハイスクール・・・」でも幸宏さんのドラムスにはゲート・リバーブが使われているが、そちらはタムタムにしか、かかっていなかった。しかし、「コンピューター・・・」の方では、タムタムのみならずスネアにもかけてしまっている。

細野さんは「ハイスクール・・・」のドラムスを「歌謡曲一うるさいドラム」と言っていたが、さらに破壊的なドラムを「みんなのうた」でやるのは反則だろ(^^)!と、この曲を聴いた時は思わず突っ込みたくなった。

◆POLYSICS/コンピューターおばあちゃん


※「みんなのうた」で放送された動画もYouTubeにアップされているが、いずれ削除の対象になる可能性が高いので、こちらには貼りません。

「みんなのうた」には、そんな事を許してしまうおおらかさがあって結構面白い。

その「みんなのうた」の年代別ベストセレクションが現在、NHKで放送中だ。

NHK「みんなのうたスペシャル」年代別セレクション 放送予定表

すでに、1960年代の回は放送済みだが(再放送の予定アリ)、本日の深夜(4月14日、25:30~26:00)には1980年代の回が放送される。この中に、先の「コンピューターおばあちゃん」も含まれている。

この番組は子供向けとはいえ、「コンピューター・・・」に限らず様々な実験的要素を含んだ曲が多い。この期にその魅力を壮観出来るかもしれない。楽しみだ。


テクノ歌謡 アルティメット・コレクション1

テクノ歌謡 アルティメット・コレクション1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M)
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
⇒テクノ歌謡 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。