So-net無料ブログ作成
検索選択
⇒Talking Heads ブログトップ

★トーキング・ヘッズ/ボーン・アンダー・パンチズ [⇒Talking Heads]

◆Talking Heads / Born Under Punches(1980)
IMG.jpg●Words:David Byrne & Brian Eno
●Music:David Byrne, Brian Eno & Talking Heads










今更、「名盤」だの「傑作」だのと言うのもまどろっこしい、ポピュラー音楽の金字塔、トーキング・ヘッズの代表作「リメイン・イン・ライト」。

中でも、初めて聴いた時に強烈なインパクトを受けたのはTr.1の「ボーン・アンダー・パンチズ(Born Under Punches)」だ。

デヴィッド・バーンの唯一無二のヴォーカルもそうだが、中間ででてくるエイドリアン・ブリューのギターが凄まじい。最初はこれがギターだとは思えなかった。何度、聴いても目ん玉がひっくり返りそうになる。

この曲はMVが作られていなかったはずだが、何か関連動画がないかとYouTubeで探していたら、凄い物を見つけてしまった。

これはパッケージとしても売り出されているので、取り立ててレアな物でもないのだが、1980年にローマで行われたコンサートで演奏された「ボーン・アンダー・パンチズ」の映像である。



レコーディング・ヴァージョンでのシャープな曲調も素晴しいのだが、ライブでのカオティックな雰囲気も凄い。確実に神がかっている。この頃のトーキング・ヘッズはやはり凄いテンションだった事が伺える貴重な映像だ。


ROME CONCERT 1980 [DVD]

ROME CONCERT 1980 [DVD]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
⇒Talking Heads ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。