So-net無料ブログ作成
⇒細野晴臣 ブログトップ

★ETV特集「細野晴臣、音楽の軌跡・・・ミュージシャンが向き合った3.11」 [⇒細野晴臣]

昨日(5月29日)、NHKで放送された細野(晴臣)さんの活動を特集した番組は、いろいろ考えさせられる内容だった。

細野晴臣ポートレート.jpg

しかし、細野さんほど事あるごとにその活動を振り返る番組が作られる人も珍しいのではないだろうか。それだけ、日本の音楽界における存在の重要さが問われている、という事でもあるのだけれど。

久々にソロアルバムを発表する事になって、それにまつわるこれまでの活動を振り返るという主旨の番組を作るはずだったのだろうけど、その取材中に起きてしまった震災で内容のポイントが大きく変わってしまったようだ。

ただ、細野さんの過去を追った番組だったら、自分にとってはそれほど目新しい物にはならなかっただろうけど、その長年の音楽活動を根底から覆す出来事が起こってしまった事で、ファン暦30年以上の自分にとっても初めて見る細野さんにはとても衝撃を受けた。

本当に音楽の事しか考えていないと思っていた細野さんが、これほどまでに音楽に疑念を持つ姿は今まで人に見せた事がなかったのではないだろうか。

それは多分、自分が思うに今まで意識していなかった「死」というものが、本当は常に自分に寄り添う形でずっとそばにいた、という事に気が付いたからではないかと思う。

文明に守られて生活していると、「明日」という未来は必ずやってくると錯覚してしまうけど、それは明確に間違えだという事がなかなか分からない。ある本のタイトルにも有ったが、人間は皆「自分は死なない」と思っている。

だが、必ずやって来ると保証されている未来は「明日」では無く「死」、自分は死ぬという事なのである。そして、その意識こそが人生を充実した物にしてくれるのだ。

ゴールの無いマラソンを全力で走り続ける事ができる人間なんていないだろう。「死」というゴールが有るからこそ充実した人生を送る事が出来るのである。

結局、今までの日本に空虚な空気が蔓延していたのは、ゴールの無いマラソンを走り続けさせられているという虚しい意識がどこか心の奥にあったからなのではないか、と思う。

今回の震災は「私は死ぬ」という事をハッキリと気が付かせてくれた、という意味で大きな出来事だった、とつくづく実感する。

それと、一つ、ホッとしたことがある。震災後、しばらく音楽から遠ざかっていたという細野さんと自分もほぼ同じ行動を取っていたから。

音楽など創作活動に携わっている人たちは、メンタル面で繊細でなければ出来ないと思うのだが、自分も多少はその辺りの気持ちを理解できていたのかな、と。

60歳を超えて、お孫さんもいる立場になった細野さんだが、いくつになっても、おじいちゃんになっても、やっぱりこの人の行動からは目が離せない。そう思わされた番組だった。

★細野晴臣/東京Shyness Boy [⇒細野晴臣]

◆細野晴臣/東京Shyness Boy(1976)
IMG_0002.jpg●作詞:細野晴臣
●作曲:細野晴臣

アルバム「泰安洋行(Bon Voyage co.)」より









このブログのタイトルに使わせていただいている「東京Shyness Boy」というのは、今更説明する必要もないかもしれないけど、細野(晴臣)さんの傑作アルバム「泰安洋行」に収録されている曲のタイトルから拝借したものです。

最近知ったのですが、この曲のモデルはムーンライダーズの鈴木慶一氏だそうです。ちなみに、鈴木慶一&ムーンライダース名義で作られた曲「火の玉ボーイ」のモデルは細野さんだという事です。もう一つ蛇足で、ムーンライダーズのアルバム「青空百景」に収録されている「僕はスーパーフライ」のモデルは(高橋)幸宏さん。

で、この曲(と「Roochoo Gumbo」)はアルバムのインナースリーブに歌詞が掲載されていません。それ故、ファンにとっては正確な歌詞は何なのか、長年気になっている所ではありました(やたら聴き取りにくいし・・・)。

しかし、この曲の歌詞を細野さん自身が書いてくれている文章がネットにありました(⇒「歌詞問題について」)。こちらには、同じく謎だった「Roochoo Gumbo」の歌詞も掲載されています。

◆細野晴臣/東京Shyness Boy


顔を真っ赤に首まで染め抜き はにかむ

喋る言葉も吃(ども)りがちに はにかむ

それはまさに 生粋の東京シャイネス・ボーイ


宵越しの銭持たずに 臍(ほぞ)噛む

火事と喧嘩に 花火に喜ぶ

実を言えば オイラ東京シャイネス・ボーイ


暑い日差しに風邪ひき 鼻かむ

夏に盛りに心はしばしば かじかむ

何を隠そう あっしゃ 東京シャイネス・ボーイ

※動画は曲の途中で終っています。
****************************************

これで、長年の喉につっかえた物が取れた気持ちになった人も多いのではないでしょうかね。しかし、歌詞を読みながらでも難しい歌です。でも、見事な詞ですね。

そういえば、この「泰安洋行」というアルバム、エルビス・コステロが気に入って、自身のコンサートの客入れの時に流していた、という話を聴いた事があります。確か、元ローリング・ストーンズのベーシスト、ビル・ワイマン経由でコステロに伝わった、という話だったと思います。

ビル・ワイマンが細野さんのファンだった事は有名な話。


泰安洋行(紙ジャケット仕様)

泰安洋行(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本クラウン
  • 発売日: 2000/12/16
  • メディア: CD



★細野晴臣(with小坂忠)/ありがとう [⇒細野晴臣]

◆細野晴臣&東京シャイネス(with小坂忠)/ありがとう東京シャイネスDVDジャケット.jpg
●作詞/細野晴臣
●作曲/細野晴臣












この曲は最初、(高橋)幸宏さんがライブでカヴァーしていたので初めて知りました。元々は、細野さんが小坂忠のために書いた曲だったはず。メロディーの良さもさることながら、詞がすごく好き。

世の中を生きていく処世術というか、でも、この状態を続けていくのは精神的に厳しいと思うけど。

◆細野晴臣&東京シャイネス(with小坂忠)/ありがとう


ありがとう 君の気まぐれに ありがとう

ありがとう 君の出鱈目に ありがとう

お世辞も 皮肉の言葉にも ただ どうも どうも

口から出る言葉は ただ ありがとう だけ

ありがとう 君の嘘っぱちに ありがとう

ありがとう 君の薄笑いに ありがとう

お世辞も 皮肉の言葉にも ただ どうも どうも

口から出る言葉は ただ ありがとうだけ

どうです 僕は大地のように 関わる全てを 受け入れるふり

だんだん馬鹿に なってゆくのです

ありがとう 君の忠告に ありがとう

ありがとう 君の親切に ありがとう

石になった心の底に響いても 口から出る言葉は ただ ありがとうだけ

どうです 僕は大地のように 関わる全てを受け入れるふり

だんだん馬鹿に なってゆくのです

*****************************************

細野さん、相当精神的にツライ時期に書いたんだろうなぁ。細野さんの曲としては、こういう心情を吐き出すような曲って珍しいと思う。

「ありがとう」というタイトルのついた曲は、それこそ腐るほど有るけど、この曲ほど自分の心に響く曲は他にありません。


東京シャイネス(初回限定盤) [DVD]

東京シャイネス(初回限定盤) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD



⇒細野晴臣 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。